健康食品とサプリメントで不健康に?!

 サプリメントや健康食品を、ダイエットや健康維持、美肌などの為に利用している人も多いのではないでしょうか。サプリメントは、毎日の食事では不足しがちな栄養素を手軽に摂取できます。携帯に便利で下ごしらえの必要がないので、とても便利に使えます。

健康食品といわれて真っ先に思い浮かべるものは、ヨーグルトや天然の生薬を使ったハーブ製品を連想する人もいるようです。実のところ、カプセル型、錠剤、粉など様々な形のサプリメントも健康食品と見なされています。日本では、どのようなものを健康食品と定義するのかという明確な決まりはあまりせん。サプリメント、健康補助食品、栄養補助食品などに分類されます。

健康食品のサプリメントも、現在では食品のカテゴリに含まれています。薬や保険機能食品のように、効果や効能などを表示ができないのです。健康食品やサプリメントを使うなと言っているように思われてしまうかもしれません。あまりにもサプリメントに頼りすぎは良くないので、あくまでも栄養補助のために使いましょうという事です。

体に必要な栄養を補給する上でとても便利なサプリメントや健康食品ですが、時には思わぬ弊害が出ることもありますので、過信しないように付き合っていきましょう。

なぜ私が便秘になったのかというと、普段あまり運動をしないからでしょう。

毎日の通勤は車なので、ほとんど歩く事もありません。

犬を飼っているわけでもないので、散歩に出るようなこともありません。

そのような事情で、私は便秘なのでしょう。

便秘改善のためにも、ジョギングを今日から始めようと思います。

乳酸菌サプリメントと言えば、やはりビオフェルミンです。

小さい頃から売られていたサプリであり、下痢や便秘や腹痛のときにも、決まって私のお腹を守り続けてくれていました。

CMで「人には人の乳酸菌」と流れていますが、私にとってみれば効果がある乳酸菌サプリは、まずはビオフェルミンなのです。

昔から、乳酸菌が身体に優しいのは有名な事実ですが、逆に効き目がないという説もあるんですね。

これも本当かもしれません。

なぜかというと、個人差があるほか、乳酸菌はあくまでも菌であり、すぐに効果の出るお薬ではないからです。

自分に合うかどうか確認してから判断するのがよいです。

娘がアトピーだと発覚したのは、2歳を迎えた頃です。

足にには肌にかゆみを感じていたようだったので、かゆみどめとして皮膚科でステロイドを処方されました。

実際、2年間ずっとステロイドを続けてみて、気をつけながら子供の様子に注意していたのですが、かゆみを繰り返し起こし、一向に回復した、という状態までいきませんでした。

結局、保湿剤を漢方薬に変えて、色々見直してやっと、ようやくそれらの症状も落ち着きました。

アトピーの治療には食べるものも重要です。

アトピー、に対して有効的な食事をこころがけることで健康的な肌へと改善することができると思います。

胃腸などの消化器系を労わって免疫力に影響がある成分としてヨーグルトや大豆食品といった食品を毎日バランスよく摂取していくとアトピーの治療に効果的です。

元々、母はひどいアトピー持ちです。

どうやら遺伝していたみたいで。

私もアトピーを発症しました。

肌がボロボロになってしまって、日々の保湿ケアが欠かせません。

お肌のスキンケアを怠ってしまうと、何もままならないです。

母を憎むつもりはないのですが、いつか、私の子供にも遺伝してしまうのかと思うと、怖くなってしまいます。

主に1~5歳くらいの子供が、インフルエンザといった病気に感染し、高熱が出た後、急にけいれんや意識障害、または異常行動等の症状を起こしてしまうのがインフルエンザ脳症といったものです。

インフルエンザ脳症というのは、命の危機に関わることもある重篤な疾患であり、病気の回復した後に後遺症が残るケースもあるのです。

ちょっと前に、インフルエンザにかかってしまってクリニックに受診しに行ってきました。

どのくらいの潜伏期間なのか明確ではないのですが、インフルエンザ罹患中の人とどこかで一緒になって感染したのだろうなと考えられます。

高い熱が3日続いていて大変苦しい思いをしました。

高い熱が続くインフルエンザは、通常ひくような風邪より苦しい思いをしますね。

ずっと先天性のアトピー性皮膚炎を患っており、幼い頃は、親の虐待を疑われる程、痛々しい姿でした。

いろいろな治療法を施してみても、効果が全くなかったのに、家を引っ越したところ、いきなり肌が綺麗になり、痒みも消えました。

スパッと環境を変えてみるのも、アトピー治療に向くのかもしれません。

インフルエンザにならないようにするために乳酸菌が効果的だといわれています。

約1年前に、テレビで乳酸菌が豊富なヨーグルトを子供に食べさせたところ、インフルエンザに罹患する子供の人数が大幅に減少したという番組を見たことがあります。

娘がちょうど受験の時期だったので、以来、ずっとヨーグルトを食卓に出しています。

腸まで乳酸菌が届くタイプのヨーグルトが特に効果があるそうです。

便秘に効くツボで有名なのは、へそ周りの端から指2本分くらい離れた、天枢(てんすう)が有名です。

へその下5cmくらいの腹結(ふっけつ)というツボも効くと言われています。

手にも支溝(しこう)と外関(がいかん)と言われるツボがあります。

便秘のタイプそれぞれによっても、効果があるツボが違うので、自分にとって適切なツボを押すと効果がでやすいでしょう。

便秘になってしまったとしても、薬を飲めばいとも簡単に、解決できると思いますが、薬頼りになってしまうのはよくないので、まず、最初に食事を見直してみてください。

特に食物繊維を多く含む食品を摂取することがよくって、不溶性と水溶性の2種類の食物繊維をバランスよく摂ることが重要です。

後、野菜やきのこ類、海草類をどんどん食べましょう。

乳酸菌は多くの健康効果があるといいますが、中でも整腸作用の効力が高いというふうにいわれています。

腸内善玉菌を増殖させることで腸内が活性化し体の中に溜まっていた便がより排出されます。

その為、便秘や下痢になりにくくなります。

乳酸菌を常用することで整腸効果が高まります。

アトピーは乳酸菌の性質により、症状の改善がされる可能性があります。

アレルギーの原因物質は、腸内に進入することでIgEという抗体が出来る性質があります。

そしてこのIgEという抗体があまりに多く作られてしまうと、過剰反応となり、アレルギーが起こることになるのです。

これがアトピーの原因だとされているのですが、実は乳酸菌にはIgEが大量に発生することを抑制する働きがあるのです。

運動量が足りていないと筋肉が衰えていくだけではなく、身体の不調も引き起こします。

中でも女性に頻繁に症状として見られるのは便秘症状です。

運動不足を解消しようと、会社へ行く時にエレベーターの代わりに階段を使ったり、食物繊維をたっぷり含んだ食品を増やしたりするのが提案します。

可能ならば、便秘にならないためにも、週に1、2回はジョギングを試みたり、なにか動をして体を動かした方がいいと思います。