保険の無料相談の良い評判と悪い評判は?

豪華な商品がもらえると言うキャンペーンで相談者を募集している保険無料相談サービスをネット上を中心に見かけます。

大半の方が、フォームから保険相談の申し込みを行えば商品がもらえると思っていますがそれは違います。

数回の面談後、アンケートに答えるなどを商品プレゼントの条件に各サービスがしています。

そもそも、申し込んだからといって必ずしも面談をしてもらえるわけではありません。

特に、中小のサービス業者に申し込んだ場合は、大手に比べてFP登録者数が少ないため面談の予定が決まらないことがあります。

よくTVCMなどで聞く保険無料相談サービス、どうやって収入を得ているのでしょうか?その答えは、相談者が保険に加入した際の手数料です。

このシステムは相談者にとっては、様々なメリットがあります。

相談者が契約した時に初めて収入が発生するということは、契約してくれなければFPは収入がないため、保険紹介の質、紹介する保険の内容の熟知度を高めなければなりません。

FPは評判を気にしているので、相談者に合致しているライフプランを案内し紹介者のスキルが高くなり、説明がわかりやすいなど良い面ばかりです。

なので、現状の保障内容が最適だと判断したら別の保険を勧めたりもしません。

皆さんも自分だけで悩まずに気楽に相談してはどうでしょう。

保険無料相談のCMを見ていると気になることがあります。

それは「有料」の保険相談もあるの?ということです。

結論から言うとあります。

むしろ元々は有料なのが基本だったそうです。

では何が有料と無料で違い、メリット・デメリットになるのでしょう。

無料相談の場合、FPは相談者と面談するだけでは収入が発生せず、提案した生命保険に加入してもらって初めて保険会社から手数料という形で報酬が発生しません。

なので、FPにとって手数料のいい保険(FPにとって都合のいい保険)を提案してくる人が中にはいるそうです。

逆に、有料の相談の場合、販売ノルマのようなものがないため、親身になってくれる可能性が高いです。

車の買取などで見積もりをお願いしたことってありますか?見積もり後に頻繁に電話がかかってきます。

好きな人はそこで値段交渉をしたりするのが楽しいと言いますが最近では、電話が苦手という方も多い印象を持っています。

保険無料相談サービスの場合は、強制的な勧誘で文句を言われるなど評判の悪いFPに対して契約解除を行うサービスもあるほど勧誘に際してのトラブルに気をつけています。

また、もし担当者が強制的な勧誘を行うFPだった場合はストップコールというサービス側で用意しているシステムがあり、電話一本で勧誘のストップや担当FPをチェンジすることも可能です。

評判を気にする業界と聞いて、どんな業界を思いつきますか?一般的に思いつくのは、芸能関係などの人気商売と言われる業界だと思います。

実は保険無料相談をしているFPもとても気にしているんです。

というのも、無料相談サービスの収益は相談者が保険に加入したら保険会社から報酬が発生するため、強引な勧誘をしているとSNSなどで悪評が拡散されてしまうからです。

そのため、サービス側も悪評の多いFPとの契約を解除したり、悪評、クレームの多いFPの登録解除を行ったりして対策をしています。

保険は人生の中で家の次に高い買い物と言われているので、信頼できる人からしっかりと説明を受けてから決めましょう。

保険無料相談サービスの使徒上から商品券をプレゼント!というキャンペーンを全く見なくなりました。

調べてみたところ、2017年4月に金融庁が発表した指導によって相談者に対して高額な商品券をプレゼントという販促方法は禁止になったからです。

金融庁の指針を正確に読むと禁止されたのは換金性の高い商品の提供となっており、逆に言うと「換金性が高くないものなら大丈夫」とも解釈できるので一部のサービス業者では商品券から「換金性の低い特定の商品をプレゼントする」と言う方法で宣伝をしている状況に変わっています。

そのため、商品券をプレゼントする販促方法はなくなってしまいました。

一般的に良い評価よりも悪い評価の方が頭に残ってしまうことが多いですよね。

保障内容の見直しやライフプランに合わせて保険を提案してくれる保険無料相談サービスではどんなイメージがあるのでしょうか。

口コミを見てみると相談する前の心配事として「相談したらあれこれ理由をつけられて保険に加入させられそう」というイメージがあってなかなか相談へ踏ん切りがつかなかったようです。

実際に相談してみると「納得行くまで説明を聞けてよかった」という人や言ってくれて安心できた、説明内容や物腰が柔らかくて本当に相談だけでも大丈夫だったなど嫌なイメージはなくなっていることがわかりました。

なので見直しを検討している人は安心して相談してみてはどうでしょうか。

皆さんは買い物に行って必要ないものを勧められて買ってしまったというような経験や体験談を聞いたことはありますか。

中には、生命保険の勧誘時に虚偽説明や説明不足な状態で不適当な保障を付帯させられたという人もいるそうです。

他には、保険金を請求したら告知義務違反で保障を利用しても保険料が支払われないこともあるそうです。

そんな時にどうしたらいいのかわからないですよね。

保険は家の次に高価な買い物と言われるくらいで生命保険トラブルの解決が得意な弁護士もいるようです。

こういった問題が起きた時には弁護士に相談してみるのも一つの手です。

一時期、いろいろなところで現金・キャッシュバックキャンペーンをやっていましたよね。

特にスマートフォン業界では額が大きすぎて本体金額よりもキャッシュバックされるようなこともあり問題になりました。

保険無料相談サービスでも商品券プレゼントを相談者特典で行なっていました。

最近、そういったキャンペーンを見かけなくなりましたよね。

なぜかというと2017年4月に総務省や金融庁が策定した指針で高額キャッシュバックや高額なギフト券などをプレゼントするキャンペーンを禁止としたからです。

そのため、保険業界では相談者特典の内容をお米や牛肉、タオルなどの景品プレゼントに変更しているサービスもあります。

世の中には無料なのに続けられているサービスがあります。

無料でも続けられているのはどこかにカラクリがあるはずです。

例を挙げると、保険無料相談サービスの場合では各保険会社からの契約手数料が相談サービス会社の主な収益になっています。

これはFPが提案した保険に相談者が加入することによって保険会社から契約手数料が相談サービス会社に入るという形です。

そのため、加入してもらうことが重要なので、生活状況に対して無理な保険を勧めることは契約の得やすい、相談者にとって本当に必要な保障の案内を行ってくれます。

相談自体は無料なので、内容確認をするだけの方も安心して利用してください。

Tポイントやポイントサイトで現金などと交換できるポイントが保険無料相談での利用で付与されるキャンペーンがあります。

付与されるポイントが大きいサービスはあまり有名ではないのが多く本当にポイントがもらえるのか心配ですよね。

このキャンペーンの多くの場合では数回の面談を実施し、アンケートに答えると付与されるという形式が多いです。

そのため、サービス側は最初の面談等で契約の見込みがないと見られたら2回目、3回目の面談をなかなかしてくれないなどポイント付与の条件に満たない状態のままになる可能性があります。

そのため、ポイントのために申し込むことはやめましょう。

皆さんは自分の入っている保険にどんな保障が付いているか把握していますか?少しでも不明点があれば確認しておいた方がいいです。

その際、おすすめするのが保険無料相談サービスの活用です。

例えば、病院で病気治療を受けたときに現在契約している保険ではいくら受け取れるかや事故による怪我のための保障など、滅多に使わないので保障内容や申請方法を忘れていることもあります。

そこで、無料相談サービスを活用することにより現在の保障内容やライフプランに合っているかを確認しましょう。

相談した結果、ほとんど同じ内容なのに月額を節約できたという報告も多いです。

今の保険を選んだ際の決め手はなんですか?ランキングサイトなどネットを参考にした人、職場に来た営業の人の説明や知人の話などいろいろな参考材料があると思います。

そうやって決めた結果、思っていたよりも月々の料金が負担になっている、実は保障内容を理解していないという人も多いのではないでしょうか。

保険無料相談サービスを使いましょう。

当たり前のことですが加入当時と現在で生活状況は変わってくるものです。

決心をして相談してみた結果、保障内容がほぼ同じでも月額が低く抑えられた、今の生活状況により合ったオプションが紹介してもらえたという話も多いです。

保険会社の行う勧誘や販売は「保険業法」でいろいろな規制があります。

金融庁は保険業法第300条への指針として「保険会社向けの総合的な監督指針」を策定しています。

これは相談者特典として保険料の割引や換金性の高いギフト券、クオカードなどの換金性の高いものをプレゼントしてはいけないのです。

では、お米や牛肉など換金性の低いものをプレゼントしている場合はどうなのでしょうか。

実は、前述の指針では景品プレゼントについての具体例は記載されておらず、社会的儀礼として行われる慶弔関係やカレンダーの配布などは保険業法において禁止されていません。

そのため、商品プレゼントは「完全にクロ」とも「完全にシロ」とも断定できない状態にあると言えそうです。

毎月の支出をどうにか低くしたい、というのは将来のことを考えると感じていると思います。

保険料金を見直してもいいかもしれません。

最近、テレビのCMなどでも耳にする保険無料相談を利用してみるのはどうでしょうか?でも、いざ利用したいと決心しても保険の知識がなくても騙されないの?相談に行ったら絶対に契約しなきゃいけないみたいで行きにくい。

という印象を持ってしまう方もいますよね。

安心してください、知識がなくても今、契約中の保険の相談をしてもらえます。

その場合は、契約中の保険証券などを持っていくとよりどう行った状況かわかりやすくなります。

引用:【ほけんの窓口】保険の見直しはプロにお任せ!【無料相談】